HEADSTUBE ---

商品をチェック

商品をチェック

商品をチェック

商品をチェック

商品をチェック
 
  • CATEGORY
  • BRAND
  • NEW
  • MSGR-SELECT
  • A

新規入荷商品


Product A

  • A U-LOCK HOLDER
  • A iPhone Holder UNiCO
  • A Messenger Bag Prima
  • A MessengerBag Prima foto
  • A MessengerBag Prima citta
  • A MessengerBag Prima mini
  • A BAMBINO
  • A iPad Case Pacco
  • A iPad Case Pacco
  • A MessengerBag Prima foto
  • A iPhone Holder UNiCO
  • A iPhone Holder UNiCO
  • A BAMBINO
  • A U-LOCK HOLDER

PEDAL BFF2006 メッセンジャー 【DVD】

Report from Messenger

Bicycle Film Festival 2006上映作品。

空前の自転車ブーム。ストリート・カルチャーの新定番、ピストバイクで街を駆け抜けろ! バイカーはもちろん、ストリート・シーンに欠かせないニューヨークメッセンジャーの現在を追ったリアルなドキュメンタリー!!

本作品の主役であるNYのメッセンジャー達は、ピストバイク流行の火付け役!! 彼らの華麗な乗りこなしのテクニックは必見

● 商品情報 ●
収録時間 52min + ボーナス22min
ブランド アップリンク
仕様 カラー/4:3/日本語字幕版
備考、関連情報
プロデューサー
アナ・ロンバルト
監督
ピーター・サザーランド
予告編 »予告編はこちら

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

追加情報

■ 作品レビュー ■

「メッセンジャーって自由でいいね。」と配達先で言われた。

確かにメッセンジャーは自由だと思う。一日をオフィスで過ごす人だから憧れもあるのだろう。

ただし自由には払うべき代償がある。「人間は犬に喰われるほど自由だ」というインドの写真を思い出す。自由というのは惨めな物だ。束縛というのは安全綱でもあり、自由とはロープから手を離して落下していくことでもある。

「メッセンジャーってカッコイイね。」と言われる。

メッセンジャーをスタイリッシュだと感じてもらえるのは嬉しいが、記号化されたハイプなイメージだけが広まっているのも事実。実情は3K労働。そのうえ危険な仕事のわりに稼げない。雨の日にはずぶ濡れで泥だらけ。カッコイイわけなんてない。「ドブネズミのように美しくなりたい」なんて歌もあるけど。

PEDALに出てくるエリックは地下鉄の廃坑に住み着いている。その姿はまさに都会の隙間に身を潜めるドブネズミ。薄汚い服装とタバコ。寒さのために痛めた脚を杖でかばいながら「辛いことが多くてもメッセンジャーを続けたい」と言う彼の姿を「カッコイイ」とは言えない。

これはステレオタイプなメッセンジャーの映画ではない。「ピストバイク・ムーブメントin NY」なんて副題が日本版にはついているが、ピストの映画でもない。「メッセンジャーのリアリティーを描いた」というのが世間での評価だが、僕ならこう言う。

「メッセンジャーの”the other side”(知られざる一面)を切り取った映画。」

この映画でアナタが出会うのは、汗臭く泥臭く、どこか歪んだ人間達だ。

灰色でせわしないニューヨークの街を、何かに取り付かれたように走るスケルトー。彼の話はとりとめがなく、早口でしゃべる理由も荷物の配達で急いでいるだけではないように感じる。

神の福音を説くのが仕事と言うエヴァンジェリス。「悪魔の存在を感じるビルには入りたくない。」なんて選り好みをする人が何故メッセンジャーをやってるのか?他の職場で雇ってもらえないのも理由だろう。

キッドという名前のイカツイ兄ちゃんは生粋のブルックリンっ子。彼のしゃべりはブルックリン訛りというよりヒップホップ。子供のような眼をしてメッセンジャーの魅力をとめどなく語りまくる。

カメラは彼らの姿をスタイリッシュに捕らえることはしない。
魚眼レンズで誇張された顔のアップ、その背景に湾曲して見えるNYの景色は不安感すら感じさせる。社会に馴染めないエキセントリックな人たちと、彼らの眼からみた歪んだ世界感が見える気がする。

「メッセンジャーは自由」「かっこいいピスト」そんなのが見たいならPEDALはやめといたほうがいい。誰にでも楽しめる簡単な映画でもない。自転車に乗りたくなる映画でもない。

だけど僕は素晴らしい映画だと思う。
せわしなく、薄汚く、確かな未来もなく、浮遊感の漂う彼らの存在を「美しい」と感じるからだ。
そして切ないことだけど、それが自由の”the other side”だと知っているからだ。

byタクヤ@メッセンジャーKAZE

  • Check
ご購入
手続き
価格 販売価格 3,800円(税込4,104円)(定価 3,800円(税込4,104円)) 型番 DVD-02-009
  • SOLDOUT
  • 買い物を続ける
  • この商品について問い合わせる
    在庫数:売切れ中

カラー・サイズ等